スポンサーリンク

アドセンスに合格までの、まるリスの失敗と対策

スポンサーリンク

こんにちは、まるリスです。

今日はまるリスがグーグルアドセンスに合格するまでのお話をしようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グーグルアドセンス

ブログを書こうとする人ならまず目標にするのが、このグーグルアドセンスの合格なのではないでしょうか。

実は私がブログを始めるのは2回目です。

以前はブログで収入を得る事を目指して、ワードプレスで記事を書く所までたどり着いたのまでは良かったのですが、そこから行き詰って挫折してしまいました。

理由は以下の通りです。

  • 記事のネタに行き詰った
  • 書いている時間が確保出来なくなった
  • 誰も来なさ過ぎて凹んだ
  • アドセンスの申請方法が素人には難しすぎて心折れた

特に記事を書く時間を確保するのが難しかったと感じています。

ブログ初心者にとっては、最初の離陸が一番難しいです。

記事を書き続ける事と、ワードプレスやアドセンスなど最初に必要な物を揃える事が最大の関門になります。

まるリスはどのようにしたのかを解説したいと思います。

ブログ初心者を阻む壁、まるリスの対策

記事のネタに行き詰ったは、LINEで解決

まるリスのスマホのLINEにはまるリスぼっちというグループLINEがあります。

その名の通り、1人しかいないLINEグループです。

ちょっと恥ずかしいと思うかもしれません。

私も最初は少なからぬ心の抵抗がありました。

しかしこれがなかなか便利、記事のネタはパソコンの前ではなかなか生まれません。

散歩していたり、運転していたり、街でお茶を飲んでいたり。

「あーっ、今パソコンと時間があれば」という時に限って、アイディアさんはあなたの頭にやってきます。

そこで便利なのがまるリスぼっち。アイディアを素早く打ち込んだり、気になる物を見つけたらカメラでパシャ。

撮った写真はパソコンに接続したLINEからダウンロードするだけ。ホントに優秀なネタ帳さんです。

書いている時間が確保出来なくなったは、質より量で解決

ブログ初心者はとにかく毎日記事を書くのが大切です。

しかし、過去にまるリスはその教えを無視して1記事に徹底した調査を加え、さらに雑誌記者を目指しているのか、というような質の高い記事を書こうとしていました。

出来もしないのに…。

当然書くのに時間がかかります。

初めは1週間に1記事、そのうち2週間に1記事、そして…

最後には書かなくなってしまいました。

ブログは最初はとにかく書くことが大切、実はすごいブロガーさんでも最初は今一つぱっとしない記事ばかり。書くうちに腕が上がっていったようです。

自分にはすごい記事は無理と割り切って、出来るだけ1日1記事書くようにしました。

誰も来なさ過ぎて凹んだは、皆に来てもらう

これは仕方ありません。我慢してください。

でも最初の1週間くらいです。

私はなるべく早い段階でブログをツイッターで紹介する事にしました。

まず最初の1週間くらいでツイッターにブログを連携して、ツイートでブログをやっていることをそれとなく宣伝しました。

それからやっと少しはマシかなという記事が書けたら、ツイートで皆に知らせました。

清水の舞台から飛び降りるって、こんな感じなんだと思います。

ツイートにブログを告知するのは恥ずかしくて死にそうになりますが、これで少しづつアクセスが出るようになります。

1日3人来てくれるだけで、かなり心の支えになります。

アドセンスの申請方法が素人には難しすぎて心折れたは、今は質の良い情報が沢山あるので困らなかった

数年前と違い、今は世の中にアドセンスの取得方法の動画やブログが沢山あります。

数年前にもあったのですが、わかりやすさが段違いです。

事実、私が取得出来ているのがその証拠です。

特にYouTubeのリベ大スキルアップチャンネルと、ヒトデせいやチャンネルはわかりやすくて質も高いので本当に助かりました。

次の目標は収益をあげること

次の目標はきちんとした収益をあげることです。

読んでもらえる記事を書くのが先決だと思われるかもしれませんが、収益を上げている≒良い記事と考えて差し支えないかなと思っています。

現在、NHKについて書いた記事だけがなぜかやたらと好調です。

読まれる記事を書くという事が何となくわかってきたまるリスです。

これからも良い記事をめざして沢山書いてきます。

よろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

ツイッターとブログで情報を発信する、アラフォー育児パパ
男性の家事育児と日々の出来事や調べた事を掘り下げて記事にしています
趣味はアウトドアとギター、読書
ブログで多くの人と交流できる事を楽しみに毎日記事を書いています

marurisuをフォローする
未分類
スポンサーリンク
marurisuをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました