スポンサーリンク

賃貸物件の契約時に手数料を払いすぎている?仲介手数料を無料にして引っ越し費用を安くする方法

わが家は賃貸派のやどかり暮らし
スポンサーリンク

こんにちは、家は賃貸派のまるりすです

今日は賃貸物件を契約する時に、不動産屋さんに払う仲介手数料を安くする方法についてご紹介したいと思います

皆さんは以前、賃貸物件を契約する時にどのくらい手数料を払いましたか

ほとんどの人が家賃の1か月分を支払っているのではないでしょうか

それだけではなく、水回り消毒料とか鍵交換料などの手数料も払っていませんか

実はそれ、必ずしも払う必要の無い費用なんです

でも不動産屋さんに必要な費用ですって言われると、何だか良くわからないのでそう言う物なんだと思ってしまいます

私もずっとそう信じていました

実はこの費用、無料に出来る方法があるのです

実際に私は2ヵ月前の引っ越しで仲介手数料0円で引っ越しをしました

最初に支払ったのはオーナーが指定したハウスクリーニング料と保証会社に払う初回保証料、それと管理会社が指定した火災保険料です

今日は賃貸物件への引っ越しの際の仲介手数料を無料にする方法についてご紹介したいと思います

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手数料をぼったくられ過ぎている

引っ越しにはお金がかかると思い込んでいませんか

例えば賃貸物件に引っ越しをすると、不動産屋さんに30万円くらい支払うイメージをお持ちではないですか

仲介手数料、鍵交換料、水回り消毒料、その他たくさんの手数料

実はこの費用、必ず取られなければならない費用ではありません

特に仲介手数料の場合、仲介業者は借主から家賃の0.5か月分以上取ってはならないという法律まであります

しかし、ほとんどの人は1か月分支払っていると思います

なぜこのような事がまかり通っているのでしょうか

それは法律の一文に借主の合意がある場合に限り1か月分もらう事ができるという事が書いてあるからです

「そんな話した事無いよ」とほとんどの方は思うと思いますが、知らない間に合意した事になっているのです

鍵の交換料や水回りの消毒料も必ずもらわなければならない費用ではありません

鍵の交換なんて難しそうと思うかもしれませんが、+と-のドライバー2本あれば簡単に取り換えられます

水回りの消毒って何をするんでしょう

私は15年実家の戸建に住んでいましたが、一度も消毒なんてした事ありません

それで困った事もありません

手数料を無料にするには

手数料を無料にするにはこちらのサイトに掲載されている不動産屋さんを選ぶのがおすすめです

リベ大おすすめの賃貸業者・不動産屋
リベ大がオススメしている良い不動産屋さん・賃貸業者ををご紹介しています。「ユーザーからの生の声、クチコミ」「賃貸業者のホームページ」「各SNSでの発信内容」などをチェックして、リベ大の独断と偏見で総合的に判断しました。ここで紹介している業者は安心して利用できる業者さんなので、家を借りる時の参考にしてみてください。

リベラルアーツ大学というサイトと提携している不動産屋さんです

お住いの地域ごとに不動産屋さんが違いますので、自分の住んでいる(住もうとしている)エリアが対象になっているか確認してみてください

もし対象から外れている場合でも対象地域は順次拡大する予定ですので、急ぎの引っ越しでないなら少し待ってみるのも手かもしれません

「手数料がもらえないなんて不動産屋さんが可哀そうなのでは」と思う方もいるかもしれませんが、心配いりません

物件のオーナー側から家賃の2~3か月分を広告料としてもらう事が出来るからです

無料に出来ない費用もある

手数料やその他意味不明な諸費用は無料になりますが、オーナーや管理会社が指定してきた費用に関しては支払う必要があります

例えばハウスクリーニング料は物件の退去があればオーナーは必ず部屋の掃除や修復を行うので必要な費用といえます

また最近は保証人は保証会社になってもらうのが一般的ですので、保証会社に払う費用も必要になります

火災保険料も管理会社やオーナーが指定してきた場合、やはり支払う必要があります

ただし、ハウスクリーニング料も必ず支払わなければならない費用ではありませんし、火災保険も必ず入らなければならないものではありません

オーナーが必要と言っている費用を無くす事は出来ませんので、その場合は初期費用が安い物件を探し直す事をおすすめします

注意点

激安スーパーや美味しいスイーツのお店が大繁盛しているように、安くて親身な対応をしてくれる不動産屋さんもまた大人気です

彼らはかなり忙しいようなので、手数料をしっかり取る不動産屋さんのように全部おまかせで部屋探しをするのはやめましょう

というか、してくれません

あらかじめ見ておきたい部屋は自分で探しましょう

質問事項ははじめに聞いておきましょう

私は内覧の前に一度下見をしました

外見でNGな物は内覧しない事にしました

そして、不動産屋さんの都合に合わせてまとめて物件を見て回りました

もちろん、1度で良い物件が見つかる可能性は少ないので、もし良い物件が無ければ根気よく探し続けましょう

まとめ

今日は賃貸物件に引っ越す際にかかる仲介手数料を無料にする方法について解説しました

仲介手数料は家賃の1か月分を請求する不動産屋さんがほとんどだと思います

家賃の1か月分と言えば一人暮らしで3~5万円、ファミリー世帯で5~10万円がくらいだと思います

家と車に関する事って金額が大きくなりがちなので、10万円くらいだと「こんなもんかな」といって払ってしまいがちですが、10万円は大金です

大切に使いましょう

もし10万円を利回り5%の株式で運用した場合、20年後には265,330円になっています

今何気なく使っているお金の使い方をちょっとだけ見直すと、将来に大きな金額になって返ってきます

もし記事が気に入って頂けたら、下のボタンを押して応援してくださいね♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事を書いた人

ツイッターとブログで情報を発信する、アラフォー育児パパ
男性の家事育児と日々の出来事や調べた事を掘り下げて記事にしています
趣味はアウトドアとギター、読書
ブログで多くの人と交流できる事を楽しみに毎日記事を書いています

marurisuをフォローする
わが家は賃貸派のやどかり暮らし
スポンサーリンク
marurisuをフォローする
まるリスブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました