スポンサーリンク

子育て中のパパママにおすすめのストレス解消法、超低山ハイク

わが家は賃貸派のやどかり暮らし
スポンサーリンク

こんにちは、奥さんとは山登りで知り合ったまるリスです

山登りで気分転換をしてみませんか

山登りは体を動かす事によって体調が良くなるだけでなく、たくさんの自然に触れる事によって心の健康にも効果があります

山登りといっても本格的な登山ではなくて、標高500m以下の小さな山を片道1時間程度で登る登山です

明確な定義は無いのですが、標高1,000m以下の山登りを低山ハイクといいます

その中でもさらに標高差の少ない標高500m以下で登り1時間~2時間程度で登れる超低山ハイクをご紹介したいと思います

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子育て中は家に閉じこもってしまいがち

わが家には産まれてちょうど1年になる子供がいます

私達夫婦は比較的外出が好きで、特に山登りを趣味にしていました

それが、赤ちゃんが産まれた事によりあまり外出しなくなってしまいました

その事は子供が産まれる前からわかっていた事だったのですが、やはり家の中に長い時間閉じこもっているとストレスが溜まりやすくなってしまいます

さらに運動をする機会が少ないと普段の家事や育児、仕事などで体の同じ場所しか動かさないので背中や肩、腰などが痛くなってきたりします

ですが、赤ちゃんがいる家庭ではスーパーの買い出しや近所の散歩以外に外出する機会はあまりありません

わが家でもなるべく出歩かずに近所でできるストレス解消法は無いかと思い、近所のコミュニティーセンターへ筋トレをしに行こうと思ったのですが、新型コロナウイルスの影響により全て閉鎖中でした

いろいろ考えた末に小さな山の登る事なら出来るのではないかと思い、子供を連れて登ってみる事にしました

登ったのは標高311mの山

登ったのは札幌市にある標高311mの三角山という山でした

私が愛読する北海道夏山ガイドにも掲載されていない小さな山です

独身時代なら貴重な休みの日にわずか1時間で登れる山に登ろうとは思わなかったのですが、子供を連れて登ろうとするとこんな小さな山でさえ少し緊張します

子供は抱っこ紐で抱えて登る事にしました

赤ちゃん連れの低山ハイクで山を選ぶポイントは、出来るだけ手を使わなければならないような急な登りが無い山を選ぶ事です

山を探すのは登山情報誌よりもインターネットで「地域名」「低山」「山登り」で検索するか、ヤマップのような登山用アプリを使用するのがおすすめです

YAMAP / ヤマップ | 登山をもっと楽しく、登山情報プラットフォーム
No.1登山アプリYAMAP。オフラインの山中でも現在地を確認できる。最新のルート状況をはじめ、全国各地の登山情報を網羅。YAMAPであなたの登山はもっと楽しく、安全に。

ヤマップは登山の時間と登った人のレビューが表示されるので、山を探すのに便利です

三角山をご紹介

ヤマップで三角山の地図を表示しています

ヤマップは今自分がどこにいて、あとどのくらいで山頂に着くのか表示でされているので、難しい地図読みの知識は必要ありません

無料会員は地図が2枚しかダウンロードできません

最初のうちはそれで困る事は無いと思うので、山に行くたびに古い地図を消して新しい地図をダウンロードしておきましょう

一番上に「山の手」という文字があってその右に人のマークがあります

ここが登山口になります

山頂までにいくつか分岐やチェックポイントがあって、そこまでの時間が表示されています

山頂までのすべての時間を合計すると登山にかかる時間になります

ちなみに、赤ちゃん連れ登山ではこの1.5倍くらいの時間がかかるものと思っておきましょう

三角山は近隣住民がお散歩がてら登る山なので、登山道もいくつもあって三角山以外にも大倉山などの山まで行く事も出来ます

たくさんのルートがある場合は比較的緩やかな道を選びましょう

同じ目的地まで行くのに道が長い方が傾斜は緩やかという事になります

私たちは1つ目のチェックポイントで地図右の30分のルートを選択しました

「2人静の散歩道」というコースだそうです

赤ちゃんがいるので3人ですね(^_^)

感染対策は

山ではマスクをする人としない人が半々くらいです

私はマスクをして登る事をおすすめします

どうしても息苦しいという場合は人とすれ違う時だけマスクをする様にしましょう

マスクをするとすぐに息があがります

いつもよりさらにゆっくりのペースで登りましょう

後ろから速い人が来たら道をゆずってあげましょう

必要な装備

本来山登りでは緊急時に備えて装備を用意しておくのが基本です

しかし、超低山ハイクに限ってはそこまでガッチリと装備を固めなくても良いと思います

超低山ハイクに必要な装備
  • 地図(スマホアプリで可)
  • 登山靴または底がすべり止めになっている長靴(スニーカー不可)
  • 水(1人1リットル以上)
  • お菓子(緊急時には食料になる)
  • 虫よけスプレー(サラテクトがおすすめ)

これらをザックに入れて持って行きましょう

超低山ハイクとは言え手ぶらで山登りをするのは危険です

特に水は必ず必要と思われる量+500mlを持って行きましょう

とりあえず水があれば何とかなります

道迷いにも備えて地図は必ず持って行きましょう

超低山ハイクなら本格的な地形図は必要ありません

スマホアプリのヤマップで十分です

「こんな小さな山に地図なんか必要無いよ」と思うかもしれませんが、小さな山こそ道に迷いやすいのです

先ほどの三角山の地形図を見てもお分かりの通り、小さな山には沢山の道が付いています

登山道だけでなく林道や作業道など山登りと関係の無い道もたくさんあります

道迷いの多くが「こんな所で道に迷わないだろう」と思うような小さな山で起きています

虫よけスプレーも必須です

小さな赤ちゃんが蚊に刺されるのを防ぎましょう

特におすすめなのがスプレータイプの虫よけです

ハッカや蚊取り線香は虫を避ける効果が低いです

サラテクトなど効果の高い虫よけを選びましょう

まとめ

子育て中のパパママにおすすめのストレス解消法、超低山ハイクについてご紹介しました

コロナ禍のこのような時代では子育て中のパパママも家の中に閉じこもりがちです

家の中が好きという人は問題無いのですが、たまには外に出歩いて自然の空気をいっぱいに吸い込むと体も心もリフレッシュします

ぜひ試してみて下さい

私たち夫婦は子供が出来た時から山には登らないことにしていたのですが、また山登りを再開する事にしました

私たち夫婦は本当に自然が好きなようです

それに合わせて子供を背負う事が出来るベビーキャリアを購入しました

ベビーキャリアは新品で購入すると2~4万円くらいするので高いと思うかもしれませんが、中古でも高値で取引されているので迷っているくらいなら購入する事をおすすめします

実際に背負ってみると抱っこ紐よりはるかに安定して赤ちゃんを運ぶことが出来ました

紐をしっかりと締めてから歩くと左右に振られないので歩きやすいです

小さな山登りからはじめてみて物足りなくなったら検討してみてはいかがでしょうか

もし記事が気に入って頂けたら、下のボタンを押して応援してくださいね♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事を書いた人

ツイッターとブログで情報を発信する、アラフォー育児パパ
男性の家事育児と日々の出来事や調べた事を掘り下げて記事にしています
趣味はアウトドアとギター、読書
ブログで多くの人と交流できる事を楽しみに毎日記事を書いています

marurisuをフォローする
わが家は賃貸派のやどかり暮らし
スポンサーリンク
marurisuをフォローする
まるリスブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました