スポンサーリンク

メルカリで売れた本を発送するには 家の中の物で安価に出来る梱包と安くておすすめの発送方法について

フリマサイトを使いこなそう
スポンサーリンク

メルカリで本を発送する場合のおすすめの梱包と発送方法について解説します

本はメルカリの中でも人気の商品の商品です

「家の中にある不要な本を売ってスッキリと暮らしたいけど、配送後にトラブルになるのも面倒だし」

そんな風に思っていませんか

本の発送は比較的簡単なのでポイントさえ押さえてしまえば家の中にあるもので比較的安価に発送する事ができます

また、この記事ではメルカリでの本の発送方法についても解説します

メルカリでは沢山の配送方法が用意されています

「こんなに沢山の配送方法って必要なの?」と思う方もいるかもしれませんが、それぞれに特徴があるので私は数種類の発送方法を使い分けています

その中から本の発送にピッタリな方法をご紹介します

これを読めばメルカリの本の発送で困る事はありません

ぜひ最後まで読んでいってくださいね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

梱包する時に必要な物は3つ

本を発送する際に必要な物は3点です

本を梱包する時に必要な物3点
  • A4サイズの封筒
  • 透明な袋
  • セロテープ

A4サイズの封筒は汚れていたり個人情報が記入されているような物でなければ、一度使用したものを再利用しても構いません

透明な袋は万が一本が濡れてしまうのを防ぎます

ジップロックやゴミ袋のような素材の少し厚手のビニール袋があればそれを使いましょう

私はA4サイズの封筒とOPP袋という物を使っています

OPP袋は主にラッピング等で使われる袋です

古い物を入れてもまるで新品のように見えてしまうので、受け取った相手の印象が良いです

「商品が届けば何だって同じでは」と思う方もいるかもしれませんが、メルカリで相手の評価は非常に重要です

自分が買い手の時の事を想像してみて下さい

「この人から買っても大丈夫かな」と思ったらまずは相手の評価を示す星をチェックすると思います

この星にあまりキズ付けるような事はしない方が無難です

封をするのはセロテープで良いと思います

OPPテープという幅の広い透明テープを使用するとよりしっかり梱包している印象を持ってもらえます

よろずやマルシェ
¥283 (2021/09/15 17:38時点 | 楽天市場調べ)

ちなみA4封筒とOPP袋、OPPテープは100円ショップなどでも販売しています

少量だけ欲しいならおすすめです

発送

本を発送するおすすめの方法は以下の3点です

本を発送するのにおすすめの方法3選
  • ネコポス
  • ゆうパケット
  • ゆうパケットポスト

おすすめはネコポスです

メルカリだと全国一律175円で配送してもらえるのでお得です

次におすすめなのがゆうパケットです

こちらは送料200円と少しお高めですが、郵便局から発送できるのが強みです

全国どこにでもある郵便局を利用できるのは強みです

ゆうパケットポストは送料200円に加え梱包用の専用箱が65円と少し割高なのですが、専用BOXがあるので梱包が楽なのと、しっかりした作りの専用BOXは受け取った購入者に安心感を与えます

しかもポストに投函するだけで発送してくれるので、わざわざコンビニに出かける手間も省けます

私も何度か使っているのですが、家から歩いて100mほどの場所にあるポストが使えるのでとても便利で気に入っています

しかも高さ3.4㎝のポストに入りさえすれば箱が少し膨らんでいても発送してもらえるので、ネコポスよりも少し厚みのある物まで発送できます

「本の厚みが3㎝ちょうどで梱包すると3㎝を少し超えそうだな」と思った時に便利です

ただし、ポストに入るからと言ってやり過ぎには注意しましょう

あからさまに膨らんでいる場合は相手の家のポストに投函できないので、ゆうパケットの配送料の700円を請求されてしまう事もあります

まとめ

メルカリで本を売る際の梱包と発送方法について解説しました

本は厚さが3㎝以内に収まる事が多いので送料が安く済み、比較的低価格で何度も取引される傾向にあるのでメルカリ内でも人気の商品です

最近ではメルカリで本を買い、読み終わったらメルカリでまた売るという図書館のような使い方をする人もいます

家の中に1年以上読んでいない本はありませんか

それは誰かが読みたくて必死に探している本かもしれません

その方に必要な本を届けてあげる

そんなメルカリの使い方が出来たら素敵ですね

もし記事が気に入って頂けたら、下のボタンを押して応援してくださいね♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事を書いた人

ツイッターとブログで情報を発信する、アラフォー育児パパ
男性の家事育児と日々の出来事や調べた事を掘り下げて記事にしています
趣味はアウトドアとギター、読書
ブログで多くの人と交流できる事を楽しみに毎日記事を書いています

marurisuをフォローする
フリマサイトを使いこなそう
スポンサーリンク
marurisuをフォローする
まるリスブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました