スポンサーリンク

投資信託を買うなら楽天ポイントがもらえる楽天証券がおすすめ 無駄なくポイントを利用する方法についても解説

楽しくお金持ちを目指そう
スポンサーリンク

こんにちは、株式投資歴が何だかんだで5年を超えたまるリスです

最近では全世界株に投資する投資信託をメインに運用しています

私のお気に入りはeMAXIS Slim全世界株式インデックスファンドです

超人気のファンドなので知っている人も多いと思います

低コストの手数料で世界中の株に幅広く投資してくれます

世界中の成長の果実を幅広く取り込みながらリスクと手数料は少なめなので、私のように「楽して儲けたいけど面倒くさいのは嫌」という人におすすめのファンドです

横になってスマホを使う人のイラスト(男性)

今後は新興国の成長が今よりもっと力強くなってくることが予想されます

安定して高い投資リターンが期待できるアメリカ経済にも投資しつつ、新興国の成長の流れもばっちり掴める全世界株式ファンドは投資の上級者も経済学者もすすめるおすすめの商品です

株式投資はこの本1冊でばっちりです(^_^)

投資信託の購入は楽天証券SBI証券がおすすめです

どちらの証券口座もお持ちで無い方は、早めに口座開設をする事をおすすめします

もし上記2つの証券会社で迷ったら、まずは楽天証券から口座開設する事をおすすめします

なぜかと言うと、楽天証券で投資信託を買うと楽天ポイントがもらえるからです

いつでも現金化できる投資信託という商品をを買いながらポイントももらえる

夢のような話です

お金持ちの女の子のイラスト(将来の夢)

この記事では

  1. 楽天証券で積み立て投資をはじめるのがおすすめの理由
  2. 投資信託を購入して楽天ポイントをもらう方法
  3. 取りこぼしなく楽天ポイントをもらうおすすめの買い方

この3点について解説していきます

ぜひ最後まで読んでいって下さいね(^_^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天証券で積み立て投資をはじめるのがおすすめな理由

株式投資の最初の一歩に楽天証券の口座開設をおすすめします

楽天証券で口座開設するのがおすすめな理由

マルを出すクマのキャラクター
  1. 手数料が業界最安クラス
  2. 積み立て投資でポイントがもらえる
  3. 取り扱い商品が豊富
  4. ウェブサイトが見やすくてわかりやすい
  5. 日経新聞が無料で読める

証券会社は手数料の安さで選ぶのが一番良いと思います

現在ではネット証券の楽天証券SBI証券を選んでおけば間違い無いです

どちらの証券会社もそれぞれ細かい違いがありますので、両方開設して使い分けるのがおすすめです

この記事では特に2の「積み立て投資でポイントがもらえる」について解説しています

詳しくは後述します

新聞を読む子供のイラスト

地味におすすめなのが日経新聞が無料で読める事です

私は現在では日経新聞を解約して毎月4,200円を節約しています

日経電子版に比べれば少し読みにくいですが、普段からそれほど新聞を読まない暮らしをしているのでこれで十分です

楽天証券で投資信託を買うと楽天ポイントがもらえます

楽天証券ではクレジットカードで投資信託を買う事ができます

楽天カードをコンビニやスーパーでのお買い物に利用すると、100円につき1ポイントがもらえます

これと同じように、楽天証券で投資信託を購入すると100円につき1ポイントがもらえます

「なんだ1ポイントか」と思われるかもしれませんが、そもそも投資信託はお菓子のように食べたら無くってしまう物ではなく、いつでも売却して再び現金に変える事ができます

ほぼお金と同じような物を買って、ポイントまでもらえるので楽天証券で投資信託を買うのはとてもおすすめなのです

しかし、いくつか注意点があるのでご注意下さい

楽天証券でポイントをもらえる条件

山積みの金貨のイラスト
  1. クレジットカードで決済する
  2. 積み立て投資を行う
  3. 限度額は5万円まで
  4. 買付日は毎月1日または8日のどちらか(人によって違う)

楽天証券では毎月クレジットカードで積み立て投資をした場合のみポイントが付与される仕組みとなっています

なので、「今日は株価が安いから10万円分投資信託を購入しました」といような買い方ではクレジットカードを使ってもポイントは付きません

また投資信託は商品によっては手数料が高額な商品もあるので、購入する時はeMAXIS Slim全世界株式インデックスファンドのように購入時や売却時に手数料が0円の投資信託を買うようにしましょう

ポイントがらえても手数料をそれ以上払ってしまっては意味が無いからです

楽天証券で投資信託を買うとポイントが付与される制度は、あまりにもお得な為に購入できる金額に上限があるので注意してください

毎月クレジットカード決済で5万円までがポイントが付与される上限です

買付け日は毎月1日だったのですが、2021年6月21日以降に楽天カードを新たに取得した方は毎月8日が買付け日になります

投資信託もスーパーやデパートのように給料日後が最も買われやすいのかなと個人的には思っています

1日に沢山に買付けが集中するのでほんのわずかですが株価にも影響があるかもしれません

「自分は他の人が買わない日に買いたいんだ」という方には少し不満かもしれません

しかし、投資信託は10年20年先を見据えて買う物なので、目先のわずかな株価の変動は一切気にする必要はありません

一度買い付けを設定して、あとはほったらかし

気が付いたら自分の資産が増えていてラッキー

「買って忘れる」これぞ投資信託の理想の買い方だと思います

取りこぼしなく楽天ポイントをもらうおすすめの買い方

なので、最初の積み立て設定はとても大切です

今後5年10年と、その設定のままずっと買い続けるからです

そして、10年後にはほぼ例外無く10年前にどういう理由で買ったか忘れしまうからです

おすすめの買い方は

楽天ポイントを無駄なく利用するために押さえておきたいポイント

  1. 33,333円までつみたてNISAで買う
  2. 残りの16,777円は通常購入
  3. 楽天ポイントを利用して購入するに設定する
  4. 上記とは別に毎月500円以上の積み立て投資をする
  5. 4は毎月20日以降に証券口座から引き落としになるよう設定する

つみたてNISAをすでに他の証券会社で購入している方は通常の購入でも構いません

つみたてNISAは年間40万円、毎月33,333円の購入分まで20年間非課税で運用できます

このお得な枠を目一杯利用しましょう

残りの16,777円は通常購入します

これでクレジットカード枠の5万円まで購入する事ができました

クレジットカードで毎月5万円投資信託を購入すると500ポイントがもらえます

このポイントは再び投資信託の購入に使えます

ポイントはクレジットカードの利用分にしか付与されないので、次回の購入は

50,000円(投資信託の購入金額)-500ポイント(楽天ポイント)=49,500円(次回クレジットカード利用分)

49,500円の1%なので、次回からはクレジットカード利用分の495ポイントしか付与されない事になります

たった5ポイントの差ですが、取りこぼすのはもったいないので、新たに投資信託の積み立て設定をする事をおすすめします

クレジットカード5万円にプラスして毎月500円以上の積み立て設定を行います

クレジットカード枠は全て使い切っているので、証券口座の引き落としに設定しましょう

この買付け設定を毎月20日以降に購入になるように設定します

楽天ポイントは15日前後に付与されるますが、少し余裕をみて20日以降に設定するのがおすすめです

こする事でクレジットカード決済をする毎月1日、または8日の前に楽天ポイントを使い切る事ができます

楽天市場で沢山お買い物をする人は注意が必要です

「気が付いたら楽天ポイントが1万ポイントになっていた」なんて事も珍しくありません

そういう方はクレジットカード購入分以外の積み立て額を増やす事をおすすめします

そうする事でクレジットカード決済分のポイントを取りこぼすことなく、楽天ポイントを無駄なく利用する事ができます

まとめ

いかがでしたか

今回は楽天証券で積み立て投資をはじめるのがおすすめな理由と、ポイントを無駄なく利用する方法について解説しました

ポイントをまとめます

楽天証券で積み立て投資をはじめるのがおすすめな理由

  1. 手数料が業界最安クラス
  2. 5万円までの積み立て投資でポイントがもらえる
  3. 取り扱い商品が豊富
  4. ウェブサイトが見やすくてわかりやすい
  5. 日経新聞が無料で読める

口座を開設したら積み立て投資をはじめましょう

おすすめはクレジットカード決済で投資信託を毎月5万円分購入する事です

楽天証券でポイントをもらえる条件

  1. クレジットカードで決済する
  2. 積み立て投資を行う
  3. 限度額は5万円まで
  4. 買付日は毎月1日または8日のどちらか(人によって違う)

ポイントを無駄なく利用するために押さえておいて欲しいポイントをまとめます

楽天ポイントを無駄なく利用するために押さえておきたいポイント

  1. 33,333円までつみたてNISAで買う
  2. 残りの16,777円は通常購入
  3. 楽天ポイントを利用して購入するに設定する
  4. 上記とは別に毎月500円以上の積み立て投資をする
  5. 4は毎月20日以降に証券口座から引き落としになるよう設定する

楽天経済圏といって楽天グループ内のサービスにどっぷり漬かった暮らしをしていると、楽天ポイント制度の事を深く理解する必要があります

五右衛門風呂に入る人のイラスト

楽天ポイントは与えらる条件や使う条件が複雑なので、よく理解しないまま楽天のサービスを利用して多くの方がポイントを無駄に使ったり、失効させているのが現実だと思います

この記事を読んでくださった方が少しでも楽天ポイント制度について理解を深めて頂けると幸いです

それではまた次回の記事でお会いしましょう(^_^)

もし記事が気に入って頂けたら、下のボタンを押して応援してくださいね♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事を書いた人

ツイッターとブログで情報を発信する、アラフォー育児パパ
男性の家事育児と日々の出来事や調べた事を掘り下げて記事にしています
趣味はアウトドアとギター、読書
ブログで多くの人と交流できる事を楽しみに毎日記事を書いています

marurisuをフォローする
楽しくお金持ちを目指そう
スポンサーリンク
marurisuをフォローする
まるリスブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました